胡蝶蘭の植え替え方法について

胡蝶蘭の寿命を延ばしたい…と考えている方もいると思います。

その場合には、花が咲き終わったら、植替えを行なうようにしましょう。

植え替えをするための時期ですが、4月の時期が最適と考えられています。これを過ぎてしまってもある程度は問題ないですが、6月までには植え替えを終えるようにしましょう。

病気などで、植え替えがすぐに必要になることもありますが、大体夏・冬は避けておく必要があります。これは、植替えをあまり頻繁に行うと、傷んでしまうからです。

胡蝶蘭の植え替えに必要なものですが、いくつか用意しなければならないものがあります。

まず用土です。用土には、水苔やバークを用意しましょう。そして、続いて鉢ですが、バークの場合はポリポット鉢が必須となります。そして、水苔の場合は素焼き鉢が適しているといわれています。

ます。鉢の大きさは小さめにしましょう。しかし、胡蝶蘭の大きさに合わせて4号鉢から5号鉢を選ぶことがおすすめです。寄せ植えの場合は、1株1株に分けていきましょう。

株数の分だけの鉢が必要となります。そして、肥料、ハサミを用意します。

胡蝶蘭の植え替え方法ですが、まずは、花芽をハサミで切ります。そして、根を傷めないように、古い用土、傷んだ根、黄色くなった葉などを取り除いていきます。そして、水で湿らせた水苔を巻き付けておきましょう。

そして鉢の中に入れて植え替えを行います。

この際ですが、胡蝶蘭というのは、根っこがしっかりと鉢にくっついているということもあり、無理に剥がそうとすることは避ける必要があります。

水をしっかりと最初に根っこに吸わせてあげることで、剥がれやすくなり、傷めてしまうことがなくなります。

その後、2週間から、20日程度までは、水を与えないようにしましょう。

その後、10日に1回程度、コップ1杯の水を与え、バークを入れます。

固形肥料を入れ、その上にまたバークを一掴み入れて、肥料が根に直接接触しないようにします。

胡蝶蘭の株を鉢の中心部に入れることができれば、次には、バークを周りに敷き詰めていきます。

胡蝶蘭というのは、養生植物となっています。このため、可能なかぎりそれに近い環境にする必要がありますので、神経を使って細やかに植え替えをする必要があります。枯れたりしないように、水を上げるタイミングにも気を配る必要があります。

胡蝶蘭を長く楽しむためにこれらの手入れが必要となります。適切な育て方を心がけましょう。